味噌と餃子の通販|青源味噌
HOME社長ブログ侃侃諤諤手前味噌 > 餃子に「味噌だれ」の理由

餃子に「味噌だれ」の理由

多数の方からお電話やお手紙でいただいている質問です。
Q:どうして宇都宮では、餃子は「味噌だれ」なんですか?

A:お問い合わせをいただきありがとうございます。
餃子の本来のからすれば、餃子を焼いて食べる食べ方は「日本式」ともいえるものです。
餃子のご本家である中国では、餃子は蒸して食べるか、煮て食べるのが普通の食べ方です。
ですから焼いた餃子に何を付けて食べるかというのは、かつて餃子を日本に持ち込んだ人たちがいわば勝手に決めたものなのです。
勝手に決めた、などというと不当なことのようにも聞こえてしまいますが決してそうではありません。
もともと中国にある穀物酢で食べる食べ方を日本風にアレンジして、
日本独自の調味料である醤油とラー油を入れるという日本人オリジナルのタレをつくりだしたものです。
 ですから醤油に代えて味噌を使うということも充分に考えられることです。
餃子の餡(アン)に味噌使う調理法は広く行われていますし、味噌だれのトロッとした食感は餃子につけたとき餃子にからみやすく食べやすいという特徴もあります。
当社の餃子の味噌だれ「餃子の達人」は、ゆず果汁を使ったすっきりとした酸味を特徴としています。
餃子という、どちらかというと味の多い(味がクドく後味がさっぱりしない)食べ物を、
味噌だれは、あっさり、さっぱり食べさせる力があります。
おつまみとしてお酒と一緒に食べる時などにはまさにピッタリです。
「味噌味の水餃子」というものもあります。酸味のきいた味噌スープと一緒にワンタンのように餃子を食べる食べ方の提案です。
餃子をいろいろに楽しむ、そんな宇都宮の文化には、「餃子の味噌だれ」は、いわば当たり前の食べ方と言っても良いかもしれません。

ページトップへ