味噌と餃子の通販|青源味噌
HOME社長ブログ侃侃諤諤手前味噌 > 良いものをより安く!の矛盾

良いものをより安く!の矛盾

「三笠フーズによる事故米横流し事件」が報道されてから、お米の世界は大騒動である。
そもそも「横流し」などあってはならないことだが、今回はそのことが事件なのではなく、
汚染事故米による健康被害、つまり「毒が入った米が流通したのではないか」ということである。
 マスコミが「メタミドホス」と「アフラトキシン」の毒性について繰り返し報道するので、
「こんなものを知らずに食べさせられたのか!」と消費者の怒りは業者のみにとどまらず、
結局農水省の事務次官と大臣まで辞職する騒ぎとなった。
 だが幸いにして健康被害はといえば、
混入が確認された食品を仮に大量に長期間摂取したとしても害のない程度の極めて低い濃度だったらしく、
今のところ健康被害の報告はないようだ。
この問題が数年前からあったことを考えると、安全性に関してはそれほど大きな問題ではなかったように見える。
 しかし現実に健康被害はなくても、それと知らずに原料として使用した和菓子メーカーや酒造メーカーなどの関係企業は、
将来にわたって計り知れないほどの膨大な被害を被った。
 知らなかったのだから被害者であるとはいえ、やはり発端は「格安な原料米」という誘惑である。
なんでも高ければ良い品物とは限らないが、食品に関する限り良い品物なら必ずある程度は高い。
モノが良いのに価格が安いのは、必ずそれなりの訳がある。
我々メーカーがそこをしっかり見極めないとこうしたことはまた起きる。
 今回の事件は、よくいわれる「良いものをより安く!」などという耳障りの良いコピーが、
実は破滅的な矛盾を内に抱えたものであることに気づくきっかけとなった。  味噌についても、大豆や米が高騰を続ける昨今だが、志高く良いものを造り続ける勇気と決意を新たにしている。

ページトップへ