味噌と餃子の通販|青源味噌
HOME社長ブログ侃侃諤諤手前味噌 > 女性と乳癌と味噌の関係

女性と乳癌と味噌の関係

女性と乳癌と味噌の関係
ピンクリボン運動が盛り上がりを見せています。
女性にとって癌の中でも「乳癌」はとても気になる癌の一つとなっていて、各自治体も最近になって検診率の向上、早期発見をうながす運動を展開しています。
そこで、味噌!
 「味噌汁をよく飲む女性は、乳癌にかかりにくい」という研究結果が公表されています。
1990年から10年間にわたり、岩手、秋田、長野、沖縄各県の14市町村に住む40歳から59歳までの女性約2万人について行った、疫学調査の結果です。
それによると、味噌汁一日1杯未満の人に比べ、一日2杯以上飲む人は0.74倍、3杯以上の人は0.6倍と、明らかな違いがあるのです。
  もちろん健康にはバランスの取れた食生活が基本ですから、
「味噌汁を飲む」という食事はご飯を中心とした和食で、野菜を始め自ずと食材の種類も増え消化吸収の良い日本人の体質にあった食卓になっているのでしょう。
 そういえば、乳癌というのは欧米に比べて日本では昔はそんなに問題になっていなかったですよね。
ここでも食生活の安易な欧米化が問題なのかも。
 ともあれ味噌汁というお料理は、簡単に作れて、おいしくて、栄養価も高くて、その上安い、
さらに乳癌にも卓効があるとなれば、まさに「女性の味方」といえますね。
 インスタントでなくて、生の味噌からちゃんと具材を煮て作りましょうね!
(1990年から10年間、岩手県、秋田県、長野県、沖縄県の4県14市町村に住む40~59歳の女性約2万人を10年間追跡調査した結果、
みそ汁を1日2杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて0.74倍、3杯以上の人は0.6倍と発生率が減少したのです。)

ページトップへ