味噌と餃子の通販|青源味噌
HOME社長ブログ侃侃諤諤手前味噌 > 味噌文化が崩壊する時

味噌文化が崩壊する時

味噌は地域性の強い食品であるといわれてきた。
日本全国に味噌はあるのだが、ふるさとの味噌、お袋の味の味噌は人それぞれみんな違うといって良いほどである。
それが近頃になって事情が変わってきた。
 昔、味噌は近所の酒屋さん、八百屋さんなどで買った。
ご用聞きのお兄さんに「味噌もお願いね」といえば、そこの家のいつものお好みの味噌が届いた。
味噌は味噌で、赤みそ、白みそぐらいの区別はしたものの、銘柄、メーカーなどは気にしていない、というのが普通のことであった。
 地元のメーカーは地元のお客様のために味噌を造った。それが味噌を地域特産の味に育て上げた。
 しかし時代は変わって大手流通業者が食品流通の主導権を握るに及んで、味噌は全国の消費者に向けて造ることとなった。
全国に販売する大メーカーが出現した。
当然「誰でも飲める味噌汁」を目指して味付けがなされ、ついに味噌汁は「味噌スープ」となった。そしてそれを皆が目指す風潮がある。
 味噌は味噌汁の素、ではない。味噌という単独の調味料がいつの間にか味噌スープの素になってしまうことを怖れなければならない。
 それは味噌文化が崩壊する時だからである。

ページトップへ