味噌と餃子の通販|青源味噌
HOME社長ブログ侃侃諤諤手前味噌 > 味噌は味噌汁の素?

味噌は味噌汁の素?

味噌は味噌汁をつくるためだけにあるのではない。
それは、「材木は家を造るためだけにあるのではない」というのと近い意味である。
味噌はもともと調味料であり、「何かの素材に味をつける=調味する」のが本来の役目である。
それをだし汁で10倍に薄めて、味噌汁として飲むのは調理法の一つに過ぎなかった。
そういえば「アラ、そうだったの?」という声が聞こえそうである。
その位味噌という調味食品は調味料としての意味合いが薄れて、「味噌汁の素」となってしまった。
そうなったのは、市場環境の変化つまりお客様の事情によるというばかりではない。
味噌屋の側の、味噌汁という優れた料理品目のみに頼った商品開発、宣伝販売戦略、説明抜きの大量供給が、
結局味噌の可能性を狭く閉じこめてしまったと思う。
野菜でも肉でも魚でも、1日漬けでも、1年漬けでも自由自在。
煮ても焼いても砂糖を入れても油を混ぜても、融通無碍。これが味噌である。
「そのまま薄めれば、ハイ出来上がり!」の便利さのみが強調されれば、味噌の本質からお客様の視点が次第に逸れてしまう。
やがて地域特性も多様性も不要になる。そして味噌の文化が崩れ去ってしまう。

ページトップへ