味噌と餃子の通販|青源味噌
HOME社長ブログ侃侃諤諤手前味噌 > ユッケの食中毒事件に思う

ユッケの食中毒事件に思う

重大な食中毒事故が起こった。
4人が死亡、まだ意識不明で重体の方もいるという大事故である。
ニュースでは、生肉の安全性についての議論や国の規制の甘さにその矛先がいっているが、何か違うと思う。
「ユッケ」という食べ物は、韓国においては永年食べ続けられている伝統食である。
日本に定着してからも多くの店で売られているポピュラーなメニューであり、その中で今回初めてこのような事故が起きた。
 つまりこの事件は、仕入先も含めこの会社に問題があることは明確で、なにも「ユッケ」に責任はないだろう。
こんなことで伝統の食文化が役人の手で消毒臭いまずい食べ物にされてしまうのではたまったものではないのだ。
 本来、人が食べてきたものには常に一定のリスクがある。
食べ物というものはそうしたリスクを分散化、極小化しながら食べることによって、食料として食べ続けられてきたものである。
好き嫌いをしない、バランス良く食べる、食べ過ぎない、子供は食べない・・・。これらは、食べ物のリスクとつきあうための知恵でもあった。
 かなり挑戦的な食文化ともいえる「なれ鮨」や「クサヤ」、「フグの肝(きも)」などは、永い歴史はあるもののそれなりにリスキーな食べ物でもある。
しかし安全か否か、正しいか否かとは関係なく、それを食べる人がいる以上、そうした食べ物は淘汰されながらも受け継がれていく。それが文化である。
 憎むべきは、「280円のユッケ」というあるはずもない食べ物をさも企業努力で創り出したかのように見せかけて、
いい加減なものを販売した外食チェーン会社である。それにコスト第一で怪しげな安物を卸した業者である。
 食べ物に関しては、「良いものをドンドン安く」は、あり得ない。本当に良いものであればある程度は高いものである。
それが安ければなにか訳があると考えるのが正しい。消費者の行き過ぎたデフレ志向もこうした事件を生んだ背景のひとつとして反省すべきである。
 いずれにしても、多様でおいしい日本の食べ物が、「規制」という名の制約によって規格化され平準化されてしまうことが無いようにしたいものである。
捨てるのは容易いが、一度失われた食文化はもう戻ってこない。
「食」は人が繋がない限り、跡形もなく消滅してしまうものであるからである。(A)

ページトップへ