味噌と餃子の通販|青源味噌
HOME > みそ汁を作ろう!

みそ汁を作ろう!

「なぜ今さら?」「そんなの毎日作っているわよ!」というお叱りの声が聞こえてきそうです。

でもご存じですか?年々味噌汁を作る人が減ってきているということを。

この企画は「みそ汁は好きだけど、作り方がイマイチわからない」という方に捧げます。

一人でも多くの方がみそ汁を作るきっかけになれば嬉しいです。

さぁ、それではみそ汁を作りましょう。 

美味しいみそ汁を作るため4つのポイント

だしの取り方

それではまず「だし」を取りましょう。こちらで紹介している2つのものは基本的な方法です。みそ汁の具材によって使い分けると良いでしょう。

昆布と削り節のだしの取り方

 

4人分 昆布・・・10cm1枚 削り節・・・10g 水・・・4カップ

⇒出来上がりのだしの量 3+1/2カップ(700ml)

昆布は好みのものを。削り節もサバ、マグロ、カツオ等何でもOKです。あっさりとしただしになるので、具材も豆腐等のあっさりしたものが良いでしょう。

①ペーパータオル等で昆布の表面の汚れを軽く拭く。

②鍋に昆布と分量の水を入れ、30分~1時間おいてうまみを出す。

③中火弱の火にかける。

④鍋底から細かい泡が立ってきたら昆布を引き上げる。

⑤火を強め、沸騰したら削り節を入れる。箸でひと混ぜして全体が湯に浸るようになったら火を止める。

⑥ざるにペーパータオルを敷き、ボウルをあてがい、こす。

煮干しだしの作り方

 

4人分    煮干し・・・20g  水・・・4カップ 

⇒出来上がりのだしの量   3+1/2カップ(700ml)

煮干しはきれいな銀白色で、「へ」の字をしたものが鮮度が高い証拠です。頭やワタは苦味が出るので取り除く。パンチの効いただしになるので、具材の味がしっかりしたものと相性が良い。

①煮干しは頭を取り、身を2つに裂く。

②鍋に煮干しと分量の水を入れ、30分~1時間おく。

③中火にかけ、沸騰を待つ。

④アクをていねいにすくって火を弱め、2~3分煮る。

⑤火を止めて、ざるにペーパータオルを敷き、ボウルをあてがい、こす。

完成

豆腐となめこのみそ汁

【材料】4人分

・ナメコ 1パック
・豆腐 1/2丁
・だし汁 3+1/2カップ(700ml)
特醸天然味噌 大さじ3

・万能ネギ(お好みで)


【作り方】
[1] ナメコはざるに入れ、熱湯をかけてぬめりを取っておきます。

[2] なべにだし汁を入れ中火にかけ、煮立ったら弱火にし、
特醸天然味噌を溶き入れる。

[3] 1センチ角に切った豆腐と[ 1]のなめこを加えます。豆腐が暖まって揺れてきらたら火を止めて、最後にネギをちらしてできあがり!。

 

美味しいみそ汁の完成です

おまけ 「青源での昼食の風景」

青源では社員が交代制でみそ汁を作っています。

なので、日によって味は千差万別。作り手の個性がモロに出ます。

出来が悪いとクレームが出ることがあるので気が抜けません。

 

(写真はこの記事を書いたM氏です)⇒

「よし、決まった!」自信に満ちた表情のM氏。

あとは皆が来るのを待つばかりです。

待ちに待った昼食の時間です。

みそ汁があるのが当たり前。

でもこれって考えてみれば贅沢なことかもしれませんね。

今日のみそ汁の味はどうかな?

中にはこんな大きな器を使用している強者も。

まだみそ汁飲んでない人がいるから残しといてね…。

まとめ

いかがでしたか?もしかしたら、「だしを取るのは面倒だ」という方がいるかもしれません。でも、これだけは言えます。

みそ汁は手間をかけた分だけ美味しくなります。

そして、手間をかけた分だけ食材を大切にするようになります。

この特集を読んだ方がみそ汁を作り、それを通して「食」の大切さを再確認していただければ、これほど嬉しい事はありません。

                                                                                                                                                                                                      M

ページトップへ

メールフォームはこちら