味噌と餃子の通販|青源味噌
HOMEみそっぷランド > 青源に味噌ソムリエ誕生!

青源に味噌ソムリエ誕生!

青源に味噌ソムリエ5名誕生!

平成21年10月6日(火)東京の有明にて「味噌学検定講座」に参加してきました。


これを受講し、試験に合格すると「味噌ソムリエ」に認定されます。


今回は初めての試み。エントリーしたのは味噌に携わるいわゆるプロの人達でした。

とは言え、私はというとしがない事務員。いったいどこまで通用するのかがポイントです。

周りを見渡せば、○○味噌の社長さんや技術者の皆さんが勢ぞろい!青源チームは私を含め、女子5名で参加しました。


内容はというと味噌に関する原料、種類、表示、文化、味噌料理やきき味噌等‥

なるほど~といった内容盛りだくさんでした。あまりにも濃い内容に、途中クラっとしてしまいましたが、

お昼のお弁当は最高においしく、少し気分を落ち着かせてくれました。

午後は眠くなる間もなく講義が進み、いよいよ実技試験と筆記試験の始まりです!!


5種類の味噌を見比べて…「麦味噌、赤だし味噌…これは…米味噌??」試飲をしては、

「うーん…これは旨み??塩分は…」筆記試験で「これはさっき聞いたような…」

「実は裏をかいて…?」等それぞれの人がいろいろな思いを胸に試験を受け、深いため息とともに終了。

後は運を天に任せるのみ。


そんなわけで頑張りましたソムリエ試験。後日郵送された結果報告。なんと、青源チーム全員合格しました!

なれない東京。新幹線、山手線を乗り継ぎ、大雨で景色も見えないゆりかもめに乗った甲斐がありました。


次回は一般の方からも参加を募るそうです。ぜひぜひ皆さんも味噌ソムリエに挑戦しませんか?

味噌ソムリエがお答えする みそっぷQ&A

Q 味噌の種類について教えて下さい。


A 味噌を大きく分類すると、米味噌・豆味噌・麦味噌・調合味噌に分けられます。

原料である大豆に、どの麹を使うのかによって分けられます。例えば、弊社『青源味噌』は、

主に米麹を使用しているので、『米味噌』になります。気候や風土に密着して育まれている味噌の種類は様々です。


Q 赤だし味噌とブレンドするにはどの味噌が合いますか?


A 『赤だし味噌』は、旨みの強いだし4
4の方が合います。また、油とも相性が良く、油炒めした物、油のある豚肉や魚の「あら」などにも良く合います。

また、濃厚な旨みを持っているため、魚介類の生臭さを消してくれます。

そこに『米味噌』を加えることによって、風味をより引き立たせてくれます。

~みそっぷ風おすすめブレンド比率~赤だし味噌2:青源「上製天然味噌」1

(コクがあるのにすっきりとした味わいになります。)

 

ブレンドの良い所はお互いの味噌の足りない風味や香りを補える所にあります。

味噌の種類は何百種類もあります。是非、いろいろな味噌で試してみて下さい。
 

野菜の味噌漬け ~最適な漬かり具合いを求めて~

水口「今回の企画、野菜の味噌漬けにしようと思うんだけど、どうかな。」

岡泉「おっ、いいじゃないですか。使いきれない味噌も有効に活用できるし。」

水口「でしょう?手伝ってもらってもいい?」

岡泉「俺、野菜切るの得意っすよ。桂むきとか、○○切りとか△△切りとか…(話が続く)」

水口「いや、岡ちゃんの包丁さばきを紹介する企画ではないから…(汗)。」

という訳で、野菜の味噌漬けです。今回使用する野菜は、大根・にんじん・なすです。

あとは、味噌を入れる容器と味噌があれば準備OK。


作り方


1.容器に入り易い大きさに野菜を切る(大根とにんじんは皮をむく)。

  なすは皮に切れ目を入れて、にんじんは小さく切った方が漬かり易いです。
2.容器の底に味噌を入れてから野菜を入れて、また味噌を野菜が漬かるまで入れる。
3.一定時間漬けた後、野菜を取りだして味噌を拭き取り、適当な大きさに切る。

    以上。色々試した結果、適した漬け時間は以下の通りとなりました。


    大  根 6~8時間

    な  す 8~10時間

    にんじん 10~12時間


    (ただ、野菜の大きさや味噌の種類によって違いがあるので、あくまで目安です。)


感 想
野菜を味噌につけるだけなのですが、意外と美味しく作るのは難しかったように感じます。

ただ、みりんや唐辛子を加えたりと、自分なりに色々と簡単にバリエーションを加えることも出来るので、楽しいですよ。

是非、みなさんも挑戦してみて下さい。
 

絶品!! 味噌焼きそば

焼きそばは、中国、炒麺から発祥した由緒正しき料理です。

しかし今では、各家庭で簡単においしく食べられる親しみ深い食品であり、

各地で町おこしにも一役買うほどのB級グルメ不動のレギュラーでもあります。

そんな噂の焼きそばに味噌を入れないわけもなく、私達編集員は早速焼きそば用味噌ソースを作りました。


焼きそば用味噌ソース①
味噌だれで食べる餃子シリーズはおかげさまで好評をいただいております。

“まだまだ味噌の可能性はある”ということで、味噌ソースを作りました。やや甘めに仕上げてみました。


レシピ


砂糖…20g、 味噌…40g、 野菜ジュース(またはトマトジュース)…25g、 生姜…10g、 にんにく…5g、
ごま油…少々
フライパンで軽く炒めて出来上がり。
お試しください。



焼きそば用味噌ソース②
焼きそばというとタレは必ず味の濃いものが主流ですが、ここは逆に甘い焼きそばのタレを考えてみました。


レシピ


味噌(赤系)…100g、砂糖…70g、胡椒…7振り、ラー油…5滴、

練りワサビ…1袋(よくスーパーのすしについているもの)、

オリーブオイル…大さじ1杯、酒…大さじ1杯、みりん…大さじ1杯、オイスターソース…大さじ1杯 以上です。
 

まずフライパンにオリーブオイル・味噌・砂糖を入れ、弱火で熱します。

味噌と砂糖が完全に混ざったら火を止めほかの素材を入れます。

全部入れ終わったらまた弱火で熱します(1分程度)出来上がり!

はっきり言ってとても甘いのですが、少したつと辛みが舌に残るといった感じです。
 

新商品! チーズ餃子

那須アウトレット内ロコマーケット限定で、青源の新商品「チーズ餃子」を販売。

中皮はパリッと中身はジュージーな肉餃子に、プロセスチーズとナチュラルチーズの二種類のチーズがブレンドされ、

コクと風味がより一層豊かになりました。

那須限定の、ちょっぴり贅沢なチーズ餃子を一度試してみてはいかがでしょうか?


今は那須アウトレットのみの限定販売ですが、近々青源オリジナルチーズ餃子も発売予定です。お楽しみに!!
 

ページトップへ